↓↓ブログ運営者の無料経営相談はこちらへ。
経営情報コンサルタンツ無料経営相談

※経営情報コンサルタンツ公式Twitterアカウントはこちらへ。


 本記事は中小企業・個人事業のブランディングについてです。

 中小企業・個人事業が事業・会社として成長していくためのブランディング構築要素には様々な要素がありますが、核として挙げる事のできるものには以下のものがあります

 ①顧客に提供される商品・サービスの中身に関する信頼や共感・高い評判(商品やサービス自体に関して顧客が評価する実力)

 ②事業・会社の利便性やファッション面等に関する共感・評判(立地・店構え・各種利用システムや、名刺・会社案内・チラシ・ホームページ・ロゴ・コンセプト・PR方法等により作られる、事業や会社が持つ利便性・雰囲気等、①に付随して顧客が事業・会社に感じる魅力)

 ③事業・会社の知名度関連に関する信頼・共感(みんなも使っている、あるいはみんなも使いそうだ、使っていそうだと顧客が感じ、利用する事へ無意識的な抵抗を感じない安心感)

 なお他にも

 ④業界自体に対する信頼・共感・イメージ

 その他、中小企業や個人事業が大きく発展して相応の会社になりました場合には、

 ⑤財務体質や経営体質等、会社の格や体力・今後の成長性への期待に対する信頼(財務体質や経営体質の点からこの企業は会社として優秀である、この企業は優秀な会社としてさらに成長していくであろう、という顧客からのきわめて大きな信頼)

等も加わってくるものと言えますが、④は一中小企業・個人事業がコントロールするのはなかなか困難であります他、⑤は中小企業や個人事業がかなり大きく発展した後、主には各種大手企業との取引拡大・上場会社運営等に求められてくるものといえますので、ここでは割愛します。

↓↓経営戦略のアドバイザーサービスをご提供しております。
経営戦略アドバイザーサービス詳細ご案内ページへ

 
上記①~③の向上努力は事業・会社であればどこでも行っている事ですが、事業や会社毎にブランディングの適切な在り方は千差万別であります上、時代の進化と共にブランディングの在り方やブランディングを図るための手法も多様化しております中におきましては、自社をどのようにブランディングしていくのが適切であろうかという「ブランディングの適切化」に成功できるかどうかが、成功事業・成功企業へ進むためのキーワードという事ができます。

 このブランディングの適切化を行っていくための前提を確認するために有効な概念が、当サービス運営管理・中小事業主様のための経営戦略naviにて解説しております3C分析です。この3C分析によって導かれるKSFは、いわば事業・会社が顧客のために存在している明確な理由という事ができます。顧客のために存在している明確な理由があるのであれば、世間は事業や会社の存在に敬意を持ちます。また、顧客のために存在しているある程度の理由が客観的に見えているのであれば、世間は少なくとも冷たい目で見る事はなく応援してくれます。他方におきまして、顧客のために存在している理由が客観的にあるようにあまり見えないならば、世間には、人としてはともかくですが、事業・会社と致しましては温かい目で見てもらうことはできません。そのような状況ではブランディングを構築する前提を欠いてしまいますので、まずは根本的な経営戦略の在り方から見直し、適切な事業リストラクチャリングを図っていく事が先決課題となります。

 ブランディングの適切化は上記①をもっとも重視しながら②も相応に重視し、さらにその上で可能な限り③について内容を磨き上げていく事が原則的な考え方です。ただし事業や会社の性格・置かれている環境、あるいは業界自体が置かれている環境や世間の状況等によりましては、技巧的に逆のパターンでブランディングを図っていく事が有効、あるいは必要な場合もあります。自社の性格・置かれている環境、あるいは業界自体が置かれている環境・世の中の状況等を見定めながら、自社が顧客を獲得・拡大するために今目前でもっとも優先順位の高い事から順に強化しながら①~③を常時横断的に伸ばしていく事が適切なブランディングといえるでしょう。

 また、世相におきましては近年は文章力(ブログの繁栄)や写真の腕(各種SNSの繁栄)が事業や会社のブランディングに大きく寄与する時代となっていますので、これらを伸ばして上記①を上手にアピールしていく事により、業種を問わずに事業・会社のブランディングを強化する事ができます。(※余裕の無い場合は当サービスでもサポートしておりますのでご相談下さい。)

中小企業・個人事業の三段階ブランディング戦略参考図

 その上で余裕のある事業・会社様の場合には、上記④の業界自体に対する信頼・共感・イメージ向上に関する活動、その他、いわゆるCSR活動によりさらなるブランディングを図っていく事が考えられます。当サービスでは年商20億円以下の国内中小事業主様を対象・年商10億円以下の国内中小事業主様を主対象に総合アドバイザーサービス経営戦略アドバイザーサービス等にてブランディング構築関連のご相談対応・サポートをご提供しております。ご関心の際には宜しければ記事冒頭の無料経営相談バナーより、まずはお気軽に無料経営相談の形よりご相談下さい。


【経営情報コンサルタンツ・プロモーション動画】

※当プロモーション動画は最新版を再設定しております。

※経営情報コンサルタンツは概ね年商10億円以下の国内中小事業主様を主対象に年商20億円以下の国内中小事業主様までをクライアント対象とする総合経営アドバイザーサービスです。

 当公式ブログは各種経営ブログランキングに参加しています。たまたま当記事がお役にたてた場合はこちらの各ランキングもクリック頂きご投票下さい↓↓
⇒にほんブログ村 コンサルタント
⇒人気ブログランキングへ 

 ↓↓当公式ブログ運営者経営情報コンサルタンツの公式Google+ページはこちらの「G」へ!(Google+をご利用の方は宜しければフォロー下さい。)


 ↓↓当サービスへの各種ご相談・総合お問合せに関してはこちらをご参照下さい。
経営情報コンサルタンツお問合せ